朝鮮民主主義研究センター

2009年12月27日

北朝鮮はベトナムに倣うことができるか

デイリーNKのコラムで、韓国の国家安保戦略研究所のチョン・クァンミン氏が北朝鮮のデノミをベトナムが1985年に行ったデノミと比較している

ベトナムは1985年にデノミを実施し、その後1986年にドイモイ政策(改革・開放政策)を開始した。北朝鮮も同様の経緯を辿るのではないか、という点に関し、二つの見方があるという。第一の見方によれば、1985年のベトナムのデノミは反改革派によって実施されたもので、北朝鮮の今回のデノミも同様のものにすぎない。しかし第二の見方では、デノミが失敗すれば北朝鮮はベトナム式の改革へと向かうしかない。ベトナムのデノミは生産と配給の不足を解決するものではなかったためにインフレを抑えることができず、1986年に物価は487.3%上昇した。そこで1986年12月にドイモイ政策が採用されたということだ。

チョン・クァンミン氏は北朝鮮政府に対してベトナムを見習うべきだと説く。その一方、金正日が昨年9月に発表した「朝鮮民主主義人民共和国は不抜の威力をもつチュチェの社会主義国家である」を検討して北朝鮮が市場経済化へと向かうことはありえないことを指摘し、今回のデノミについても「過去志向的な保守的発想の産物」だという評価を下している

たしかにその通りで、現体制のイデオロギーと市場経済化は決して両立しない。では、デノミが経済を混乱に陥れたのち、上記の第二の見方の通りに保守派に代わって改革派が主導権を握り、改革・開放政策が採用される見込みはあるだろうか。

答えはもちろんNOだ。北朝鮮にはそもそも改革派など存在しない。これまで採用されてきたのは改革なき開放政策と呼ぶべきものだけで、核問題や人権問題で国際的に孤立しているため開放の相手も中国しかないというのが現状だ。デノミの失敗は政策の変更ではなく体制の変更をもたらす以外ない。

今週の北朝鮮(2009/12/19-2009/12/25)
投稿者 kazhik : 2009年12月27日 10:41
コメント&トラックバック

デイリーNK日本支局開局記念セミナーのお知らせ
「天安艦沈没事件の真相と北朝鮮軍事挑発の意図」
-北朝鮮内部の政治不安との関連は?-

北朝鮮専門のインターネットサイト「デイリーNK」はこの4月に日本支局を開局しました。今回、日本支局開局を記念して日韓のデイリーNK関係者が一同に集い記念セミナーを開催することをお知らせします
3月26日に起きた「天安艦沈没事件」の調査が進む中で北朝鮮の関与が大きいとの見方が国際的に強まっています。「天安艦事件」は北朝鮮の仕業なのか?何故、北朝鮮は軍事挑発を続けるのか?そして5月3日の金正日の電撃的訪中の意図は?
これらの動きの背景には「貨幣改革の失敗」や「後継者問題」など北朝鮮国内外の不安要素が指摘されています。
 今回のセミナーでは「天安艦事件」の真相についてこの間の北朝鮮内外情勢との関連性を分析し、今後の朝鮮半島情勢の行方について研究する席を持ちたいと思います。

■日時  2010年5月13日(水) 午後1時 閉会 午後6時
午後1時から2時まで東京支局開設に関する説明会。
2時から6時までセミナー。
■場所  韓国YMCA(東京都千代田区猿楽町2-5-5)9階国際ホール
■参加費 5000円(特別会員の方は無料。一般会員の方は2000円)
■定員  120名限定 ※日本語通訳あり
※ 満員になり次第、受付・入場を終了します。あらかじめご了承ください。

■報告者
韓基弘(ハン・ギホン)デイリーNK代表理事兼発行人
- キム・ジョンウン世襲過程と金正日体制の未来
朴仁鎬(パク・インホ)デイリーNK北朝鮮研究究室長
- 天安艦事件と北の対南軍事挑発政策/貨幣改革後の北朝鮮の内部変化
朴斗鎮(パク・トゥジン)コリア国際問題研究所長
- 最近の北の対南政策、対外戦略の特長
鄭意成(チョン・ウィソン:仮名)北朝鮮人民保安省出身2008年韓国入国
※ 報告者のテーマと略歴は別紙参照

連絡先 デイリーNK日本支局 高英起
携帯 090-6020-3788 E-mail koh.japan@dailynk.com

DailyNKのコメント(2010年5月 6日 15:06)

このエントリーのトラックバックURL:
http://asiavoice.net/mt/mt-tb.cgi/379